ストレスに負けないシステムエンジニアになろう

業界事情などシステムエンジニアのストレスの要因を知ろう

システムエンジニアのストレス要因

システムエンジニアのストレス要因

ストレスと上手につきあっていくためには、まずストレスの原因を理解しておくことも大切です。現代社会においてはどんな職業であっても皆何らかのストレスを抱えていますが、その中でもシステムエンジニアは特にストレスがかかりやすいと言われています。その原因は、業界特有の仕事環境や市場動向の他、エンジニアという仕事で活躍する人にありがちな、真面目で几帳面という性格も影響します。思い当たるふしがあるなぁという方も多いのではないでしょうか。過剰なストレスは不調の原因となりますので、ためこまないうちに解消するなど、早めの対処が必要です。

システムエンジニアのストレス要因の記事一覧

過酷なIT業界

過酷なIT業界

IT業界は、変化のスピードが他業種とは比べ物にならないほど速く、また人材不足から連日の長時間労働や休日出勤が当たり前という過酷な労働環境下に置かれており、開発現場には常に過大なストレスがのしかかっています。ストレスに対する人の反応は様々ですが、コンピュータに対する不適応が動悸やめまいを引き起こすテクノ不安症や、逆に過剰適応に伴って、時間の感覚がなくなる、曖昧さを嫌う、人との接触を避けるなどのテクノ依存症は、特徴的と言えるでしょう。MORE

考え方が真面目

考え方が真面目

システムエンジニアにも当てはまることですが、仕事に長時間を要し、高い集中力や高い能力を求められる場合や、自由度が低く、業務範囲が曖昧で、突発的な事態への対処が求められるなどといった場合には、ストレスが高くなる傾向にあります。更に認められていないと感じたり、やりがいを見いだせないとなれば、一層ストレスが大きくなります。ただしその人自身の考え方も影響しており、自分に厳しく、完璧主義で、自己犠牲の精神に富んでいると、うつ病になりやすいようです。MORE

ストレスが引き起こす影響

ストレスが引き起こす影響

ストレスが体に及ぼす影響は、人それぞれに異なります。まず代表的なものとして、「うつ病」があります。症状としては憂うつ感や食欲減退、不眠などを訴え、自殺を図ることもあります。また何らかの「不安」をしきりに訴えるのは、「不安症」です。症状が重くなると、「パニック障害」や「強迫神経症」などを引き起こします。更に胃潰瘍や偏頭痛、気管支炎、円形脱毛症など、身体に直接症状が表れる場合には、「心身症」と呼ばれています。MORE

ブラック企業で頑張る人へ

吐き気がしたら赤信号

ストレスを解消することができずに、我慢も限界に至ると、様々な症状が心にも体にも表れます。不眠や意欲減退や憂うつ感などは、誰しも覚えがあるかもしれませんが、吐き気を感じたり、嘔吐するようでは危険です。特に世界的な競争の激化や需要の高まりによって、過酷な労働環境で働くシステムエンジニアには、様々なしわ寄せが及んでいます。 MORE

マインドフルネスで脳も活性化

マインドフルネスとは、アメリカで瞑想やヨガを、医療として捉え直すことによって開発されたストレス軽減法であり、今や世界的企業にも採り入れられるなど、その効果が一般にも認められているものです。今という瞬間の呼吸や体感に意識を集中する訓練を通じて、うつ病などの症状が改善されるといわれています。 MORE

メンタルトレーニングで心を強化

ストレスに上手く対処するためには、メンタルトレーニングが有効です。悲観的な考え方など、知らず知らずストレスを受けやすくしている部分を自覚して修正し、ストレスに負けない心を作るのです。たとえ今は最悪の事態の真っ只中であっても、ほんの一時のものに過ぎず、やがて変化すると考えることは大切です。 MORE

ストレスが引き起こす影響

ストレスは気合でなんとかなる、などと甘く見ていてはいけません。ストレスが引き起こす病気として、精神科や心療内科、神経科が主に診療するものには、うつ病や神経症があります。うつ病は、憂うつ感や倦怠感、食欲不振、不眠などを訴えるのであり、また神経症は、様々な不安を訴えますが、「パニック障害」や「強迫神経症」などに症状が進む場合があります。 MORE

解消できる理由

仕事の上で裁量の余地が小さく受け身であるような場合には、ストレスによる悪影響を受けやすくなることから考えると、厳しいようでも自由であるフリーランスは、ストレスの小さい働き方といえるでしょう。会社勤めからフリーランスになれば、会社の指揮命令に従う必要はなく、働く時間も場所も自由、そして仕事を選ぶのも自由です。 MORE

「笑い」で整う自律神経

笑うことが、体の免疫力を高めるとは、一般的にも知られるようになりましたが、ストレス解消にも効果的です。社会人に多い職業的な「社交場の笑い」ではなく、おかしくて笑う「快の笑い」や、ほっと安心して緊張が解けた時の「緊張緩和の笑い」であれば、自ずと腹式呼吸になり、ストレスによって酸素不足に陥った脳を活性化させることができるのです。 MORE